海外就職する人必見!学位証明と申請代行について

みなさんこんにちは!

ドバイで働く学生のMaoです。

ぼくは先日ドバイで働いていた会社を辞めて転職をしました。

海外で転職するのは簡単なことではなく、ビザのキャンセルや変更など、一人ではなかなか難しいことが多いです。

基本的にビザに関しては会社がやってくれるのですが、中には自分でやらなければいけないこともあります。

その一つが学位証明です!!

海外で働くビザを申請するには必要になることが多いのですが、国によっては取得のために難しい手順を踏まなければいけないこともあります。

また、この学位証明は日本でないとできません。

ですので、ぼくのような海外から申請したい人は申請代行会社に頼んだほうが楽だし早いです!

今回はこのアポスティーユ申請代行について書いていこうと思います!

海外就職に重要な学位証明とは?!

学位証明とは簡単に言えば卒業証書のことです。

日本で高校や大学を卒業すれば卒業証書をもらえますが、海外で就労ビザを発行するときに卒業証書が必要になることがあります。

例えばドバイでは、高い役職に就くときにはDiploma(高校卒業の単位)やDegree(4年制大学の卒業単位)などを持っていることが条件になる場合があります。

このような場合の時、ビザの申請の時に学位証明の提出を求められることがあるのです。

この学位証明は海外で使用するので英語でないといけないですし、正式な書類であることを証明してもらわなければいけません。

外務省や大使館など、手順が大変。。。

この学位証明ですが、個人でもできないことはないです。

ですが、この手順がとても大変でめんどくさいです!!

例えば、大学の卒業証書の証明する流れとしては、

  1. 大学から英語の卒業証書を発行してもらう
  2. 外務省で手続き
  3. 申請する国の駐日大使館でスタンプを押してもらう

という流れになります。

遠方に住んでいる人は郵送で手続きをすることもできますが、時間もかかりますし書類に不備があればもう一度やり直しなんてこともあります。。。

詳しいやり方が気になる方は外務省の申請手続きガイドを参考にしてみてください。

面倒くさい手続きは代行会社にやってもらった方が無難

いくらビザのためとはいえ、こんな面倒くさい手続きはやってられません(笑)

また、ぼくのような海外から申請する場合は迷わず申請代行の会社に頼んだ方が安心できるのではないかと思います。

今回ぼくは海外から申請だったので、アポスティーユ申請代行センターという会社に依頼しました。

結果から言うと、約1週間という短い期間で申請・ドバイまでの郵送が完了し、とても満足しています!

値段も約3万円と東京へ実際に行くより安く収まりましたし、申請代行会社に依頼すれば間違いないんじゃないかと思います。

そして、海外までの郵送もしてくれるというのはポイントが大きいです。

海外からでも安心して簡単に依頼できるので、海外で仕事を見つけた人は一時帰国をする必要もなく時間とお金を節約できます。

面倒なことは代行会社に依頼して、余った時間をほかのことに使いましょう!!(笑)