プロフィール

プロフィール

  • 名前:Mao
  • 年齢:22歳
  • 出身:山口県
  • 大学:横浜国立大学 経済学部

ビールとともに消えた大学生活

せっかく受験勉強をがんばって大学に入学したのに、授業にはまともに行かず単位を落としまくるという生活を続け、大学生活を無駄にしてしまいました。

特に大学1年のころはひどく、学校に行くのは週2~3日ほど。

学校に行かない日もバイトをするというわけでもなく、ただひたすら家でごろごろしながらゲームをするという生活を続けていいました。

貯金はほとんどなく、取得単位数も1年間で26/48という悲惨な結果になってしまいました。

大学2年からは学校には行くようになりましたが、とくに何かがんばるわけでもなく、サークルと飲み会ばかりに行って時間を無駄にしました。

そして、就活を考える時期になって初めて自分が今やばい状況にあると気づき、タイで起業している兄に相談し、海外留学をすることを決意。

兄に手伝ってもらいながら海外での目標・計画を考え、

  1. フィリピンで語学留学
  2. オーストラリアでワーホリしながら貯金
  3. ドバイで金(月50万円)を稼ぐ

という計画を立てました。

休学期間は2年間と定め、最終目標を「ドバイで月50万円稼げるようになる」というものに決めました。

また、貯金ゼロだったので、親に語学学校代とフィリピンでの生活は出してもらうことに・・・

フィリピンでの語学学校生活

今まで怠惰な生活をしてきた自分にはスパルタな学校じゃないとダメだ!と考え、フィリピンのバギオという山奥のスパルタ学校で勉強を始めました。

・平日は外出禁止

・1日10時間以上の勉強

・学校内で英語以外禁止(破れば罰金もしくは強制自習)

というスパルタっぷり(笑)

ですが、このスパルタのおかげで勉強をがんばることができました。

事前の面接と、初日のテストでレベル6(最高10)にレベル分けされたのですが、三か月後にはレベル9にまでなっていました。

また、バギオにいるのは日本人と韓国人がほとんどでした。

もっといろんな人に会いたいという思いがあったので、フィリピン生活の最後の2週間はセブの学校に移って勉強をしました。

ただ、「人に会うこと」が目的になってしまい、会うだけで何も得られなかったことに後悔しています・・・

そして、貯金ゼロの状態でオーストラリアのメルボルンへワーホリに・・・!!

貯金ゼロからのオーストラリア ワーホリ生活

オーストラリアは物価が高いことで有名ですが、問題は貯金がないということです。

そのなかでどうするか考え、農家にホームステイして働くことで家賃と食事代がタダになるWWOOFというサービスを利用することに。

ただ、ぼくが行った時期は冬だったのですが、山奥の農家で暖房のない生活をしなければならず、毎晩暖炉であたためたレンガを抱いて寝ていました(笑)

そんな生活に耐えられず、1カ月滞在する予定のところを1週間ほどで打ち切り、街に出て仕事探しをすることを決意。

シェアハウスを見つけて仕事探しを始めたのはいいのですが、オーストラリアでの仕事の経験がなかったぼくには、なかなか仕事をくれるところがありませんでした。

2週間以上も履歴書を配り歩き、100件以上まわった末に仕事のオファーをもらえました。

それは、ピザ屋での皿洗いの仕事(時給15ドル)。

ネパール人たちの中で唯一の日本人として働きましたが、すぐに別の仕事が見つかったのでそっちに移動。

次の仕事は日本食レストランでのウエイターの仕事でした。

時給19ドルと日本食レストランの中では給料もよく、結局そこで半年ほど働きました。

週5日間、1日9時間働き、半年で目標の100万円を貯金することに成功。

途中で家を追い出されたりなどのトラブルはありましたが、ついにドバイへと行くことに。

何のツテもなかったのですが、「行ってみればなんとかなる」という考えのもと、2018年2月(留学して10ヵ月目)単身ドバイに渡航しました。

想像していたドバイと違う!地獄の仕事探し

ドバイに移住し、仕事探し開始。

まずは家探しということでシェアハウスを探し、約1週間後に新しい家を見つける。

これが失敗でした。

自分の人生のなかでは考えられないほどの汚さで、厳しい生活をすることになってしまいました。

キッチンは引き出しを開けると小さいゴキブリがうじゃうじゃといて、トイレもなどに床がぬるぬるしていて臭い。

毎日近くのモールでトイレをしないといけないくらいひどいものでした(笑)

そんな中、ツテもなければ友達もいなかったので、いろんなイベントに出席して何とか仕事を見つけようと必死でした。

そして、運よく声をかけてもらったドバイの現地の会社で働くことに・・・!!

ドバイでのキャリアのスタート

2018年の4月からドバイの旅行会社にて仕事をスタート。

仕事内容は日本語のWebサイトの作成やEメールの作成、営業などさまざま。

人生で初めてのキャリアということもあり、とまどいながらも多くのことを学びました。

しかし、今の仕事と自分の将来を考えたときに、「このままでいいのか?」という疑問がありました。

旅行業界にはあまり興味はなく、ドバイで働くことが目的となってしまっていたのでオファーをもらったところでとりあえず働く、という感じになってしまっていました。

「これでは2年間なんてすぐに終わってしまう」と思ったぼくは、転職を決意しました。

仕事をはじめて約4ヵ月での転職という無責任なことになってしまいますが、自分の将来のためを考えての決断です。

そして現在・・・

そして、新しい会社で働くことになりました。

ドバイ現地のイベント会社で、PRとして働きます。

日本とドバイとをつなぐ仕事になるのですが、将来のためのいい経験になるし、いろんなことがチャレンジできる仕事です。

個人的にもブログやツイッターでの発信をどんどんしていこうと思います!

目標の「月収50万」にはまだまだ道のりは長いですが、これからも頑張っていきます!!